九州最大級ライブハウスZepp福岡がなくなる!?来年(2016)5月8日で営業終了(閉鎖)!

ヤフオクドーム近くにある九州最大級のライブハウス”Zepp福岡”が来年5月8日で営業終了することが、10日明らかになった。

現在は、運営するソニー・ミュージックエンタテイメントグループは、
「他の場所で営業を続けられないか」
と検討しているとのことだが、未だ移転先の目処はたっていないようだ。

ゼップ福岡は1999年にオープンして、立ち席で最大約2000人収容できる。
これまでにも様々なアーティストたちがこのステージに立ってきた。

運営会社側のソニー・ミュージックエンタテイメントとして思い出深い場所だろう。

スポンサーリンク

Zepp福岡、来年5月に閉鎖 九州最大級ライブハウス

ヤフオクドーム近くにある九州最大級のライブハウス「Zepp(ゼップ)福岡」(福岡市中央区)が、来年5月8日で営業を終了することが10日、わかった。入居する商業施設「ホークスタウン」が改装するためという。運営するソニー・ミュージックエンタテインメントグループは「稼働もよかったが残念。他の場所で営業を続けられないか検討している」としているが、移転先のめどは立っていないという。

 ゼップ福岡は1999年オープンで、立ち席で最大約2千人収容できる。サザンオールスターズの桑田佳祐さんやサックスのソニー・ロリンズさん、ボブ・ディランさんらがステージに立ってきた。

 ホークスタウンにはアイドルグループ「HKT48」の専用劇場などもある。施設を保有する三菱地所はこれらのテナントについて「当面は現状のまま営業を続けたい。改装は検討しているが内容は未定」としている。

引用:朝日新聞デジタル

◆ツイッターによるネットでのみんなの声

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加