大阪府八尾市で八尾土木事務所副主査の阪倉淑仁さんが恩智間の踏切で高齢女性を救助し電車と接触事故

22日午前9時45分ごろ、大阪府八尾市山本高安町の近鉄大阪線高安-恩智間の踏切(警報機・遮断機付き)で、高齢女性を助けようとした大阪府八尾土木事務所の男性副主査の阪倉淑仁さん(45)が大阪上本町発名張行き急行電車と接触。

阪倉淑仁さんは右肩を骨折した疑いがあり、病院に搬送されたが、意識はあり命に別条はないとみられた。
また、乗客約400人にも怪我はなかったとのこと。

大阪府警八尾署や八尾土木事務所によると、
副主査の阪倉淑仁さんは車で道路の定期パトロール中、線路内で高齢女性が立ち往生しているのを発見。
救出しようと踏み切りをくぐって線路内に入った際、電車にはねられたようだ。

阪倉淑仁さんの勇気ある行動にネット上でも賞賛されている。
また、高齢女性の行方も気にされているようだ。

スポンサーリンク

高齢女性を救助中、電車と接触 近鉄踏切で男性負傷 大阪・八尾

目撃した男性(65)によると、白いヘルメットをかぶった副主査はぐったりした様子で現場に座り込み、周辺の同僚らが「おばあちゃんを助けに行ったら事故に遭った」と話していたという。八尾署員が駆けつけたときには、高齢女性の姿はみられなかった。近鉄によると、大阪線は3本が運休し、23本が最大21分遅れ、約千人に影響が出た。

引用:ヤフーニュース

高齢女性救助、踏切で電車と接触 大阪府職員が大けが

22日午前9時45分ごろ、大阪府八尾市山本高安町1丁目の近鉄大阪線高安駅南側にある踏切で、立ち往生していた高齢女性を助けようとした大阪府八尾土木事務所管理課副主査の阪倉淑仁さん(45)が大阪上本町発名張行きの急行電車と接触し、大けがを負った。

 府警によると、男性は病院に運ばれ、肩と肘を骨折したが、命に別条はない。女性は現場から立ち去り、けがの有無は不明。

 大阪府八尾土木事務所によると、男性は同僚2人と車で道路の定期パトロールをしていた。女性を助けようと車を降りて踏切内に入った際、電車に接触したという。

引用:47ニュース

高齢女性〝決死〟の救出試み踏切へ…電車と接触 大阪府職員負傷も命に別条なし 大阪・八尾

22日午前9時45分ごろ、大阪府八尾市山本高安町の近鉄大阪線高安-恩智間の踏切(警報機・遮断機付き)で、府八尾土木事務所の男性副主査(45)が大阪上本町発名張行き急行電車にはねられた。副主査は右肩を骨折した疑いがあり、病院に搬送されたが、意識はあり命に別条はないとみられる。乗客約400人にけがはなかった。

八尾踏切

 大阪府警八尾署や八尾土木事務所によると、副主査は車で周辺を走行中、線路内で高齢女性が立ち往生しているのを発見。救出しようと遮断機をくぐって踏切内に入ったところ、電車にはねられたという。

 目撃した男性(65)によると、白いヘルメットをかぶった副主査はぐったりした様子で現場に座り込み、周辺にいた同僚らが「おばあちゃんを助けに行ったら事故に遭った」と話していたという。八尾署員が駆けつけたときには、高齢女性の姿はみられなかった。

 近鉄によると、大阪線は3本が運休し、23本が最大21分遅れ、約千人に影響が出た。

引用:産経WEST

踏切内の女性助けようとした男性が重傷

22日午前大阪・八尾市で、踏切内にいた高齢の女性を助けようとした男性が電車と接触し、胸の骨を折るなどの大けがをしました。
22日午前10時前、八尾市山本高安町の近鉄大阪線・高安駅近くで、高齢の女性が遮断機が下りた踏切内にいるのを大阪府の職員の阪倉淑仁さん(45)が見つけ、助けようとして急行電車と接触しました。
警察によりますと、阪倉さんは、運転していた車から降りて踏切に入ったということで、胸や腕の骨を折る大けがをして病院で手当てを受けています。
女性は現場から歩いていなくなったということで、けがはないとみられています。
阪倉さんは、八尾市にある大阪府の土木事務所に勤務していて、当時は同僚と一緒に車で市内を巡回していたということです。
警察は女性の行方を捜すとともに詳しい状況を調べています。
阪倉さんが勤務する大阪府八尾土木事務所によりますと、阪倉さんは八尾市内を中心に、道路や河川の管理を10年余り担当していて、22日は午前9時すぎから地域の道路を巡回していたということです。
八尾土木事務所の宮川昌幸総務課長は「府民のための勇気ある行動だと思います。本人の体の状態が心配ですが、命に別状はないということで、少し安心しました」と話していました。

引用:NHK NEWS WEB

◆ツイッターによる世間の反応

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加