山手線、支柱倒れ、15時予定が未だ運転見合わせ、事故原因調査中

支柱倒れ 運転見合わせ

午前6時頃、秋葉原~神田駅間の線路内で架線を支える柱が倒れた。
そのため、現在も山手線・池袋~東京~田町駅間と京浜東北根岸線・東十条~品川駅間は運転を見合わせており、振替輸送を行っていることだ。

山手線は田町~新宿~池袋駅間で運転を再開。
列車の折返しに時間を要することから、運転本数が通常時より少なくなっている。
京浜東北根岸線の折返し運転を行っている区間についても、ダイヤに大幅乱れが出ている。

スポンサーリンク

京浜東北線は運転再開 山手線見合わせ続く

東京・千代田区のJR山手線で、線路脇の金属製の柱が倒れ、山手線と京浜東北線のそれぞれ一部区間で長時間運転を見合わせているトラブルで、このうち京浜東北線については、9時間以上たった午後3時半ごろ全線で運転が再開されました。一方、山手線の外回りと内回りについては運転見合わせが続いています。

引用:NHK NEWS WEB

山手線、支柱倒れ運転見合わせ続く 京浜東北線も

12日午前6時10分ごろ、東京都千代田区のJR山手線の神田駅と秋葉原駅の間の線路内で、架線を支える鋼鉄製の支柱が倒れているのを電車の運転士が見つけた。山手線と京浜東北線は一時全線で運転を見合わせたが、8時間近くたった午後2時現在、山手線は池袋―東京―田町駅間で運転を見合わせ、京浜東北線も東十条―品川駅間で運転を見合わせている。両線とも全線での運転再開は午後3時ごろの見通し。けが人の情報はないという。

 JR東日本などによると、現場には計4本の線路が通る。山手線の外回りと内回り計2本が中を走り、その両側を挟むように、京浜東北線の南行きと北行き計2本が走っている。山手線の線路2本の間に、高さ約7メートル、直径約20センチの支柱(2本で1組)が30~40メートルおきに並び、そのうち隣り合った2組計4本が倒れたり、傾いたりしていた。

 倒れた支柱の一部は山手線内回りのレールに触れた状態で、異状が見つかる直前の午前6時8分ごろには現場の山手線内回りを電車が通過していた。支柱に支えられた架線は現在使われておらず、同社が事故の原因を調べている。

 現場は高架の上で、ヘルメットをかぶった作業員約70人が写真を撮ったり、図面を広げたりして状況を調べていた。

引用:朝日新聞デジタル

◆ツイッターによる世間の反応は?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加