東急不動産三枝利行社長1年で辞任、後任は植村仁副、不適切な土地取引が問題か

東急不動産は13日、三枝利行社長(56)が同日付で辞任を発表。

昨年4月1日の就任からわずか1年あまりでの退陣となった。

三枝氏は、不適切な土地取引を指摘する先週発売の週刊誌の報道について、
「迷惑をかけた」などと陳謝し、
東急不動産は、「事実確認を進めている」と発表した。

東急不動産社長の後任には、同日付で植村仁副社長(55)が昇格したとのことだ。

スポンサーリンク

東急不動産社長、わずか1年で辞任 週刊誌報道受け

東急不動産は13日、三枝利行社長(56)が同日付で辞任したと発表した。昨年4月1日の就任からわずか1年あまりでの退陣だ。三枝氏は、不適切な土地取引を指摘する週刊誌の報道について「迷惑をかけた」などと陳謝しているという。

 先週発売された「週刊新潮」は、三枝氏が、妻が経営に関わる不動産会社の取引先から、鹿児島市内の土地などを割安に購入したなどと報じた。東急不動産は10日、弁護士や社外取締役らでつくる調査委員会を立ち上げた。三枝氏は調査の公正を期すため、辞任を申し出たという。取締役にはとどまる。親会社の東急不動産ホールディングスの副社長も辞任した。

 後任の社長には、植村仁副社長(55)が就いた。広報担当者は、「早期に調査結果をまとめ、不適切なものがあればしっかり公表する」としている。

引用:朝日新聞デジタル(ヤフーニュース)

東急不動産社長が退任 「業務執行に支障生じかねず」と申し出る 週刊誌報道が影響か

東急不動産ホールディングスは13日、副社長で傘下の東急不動産社長を兼務する三枝利行氏(56)が同日付で両職を退任したと発表した。東急不動産社長の後任には、同日付で植村仁副社長(55)が昇格した。三枝氏をめぐっては、先週発売の週刊誌で土地取引が報じられ、東急不動産が「事実確認を進めている」と発表。今回、「調査対象が東急不動産の業務執行の最高責任者という状況にあり、本人から業務執行に支障が生じかねないとして退任の申し出があった」(広報)という。

引用:産経ニュース

東急不動産:三枝社長が辞任 週刊誌報道受け

東急不動産は13日、三枝利行社長(56)が同日付で辞任したと発表した。13日の臨時取締役会で辞任を申し出た。取締役にはとどまる。三枝氏の不適切な土地取引を指摘する週刊誌報道を受けて社内調査の公正を期すためとしている。後任社長には植村仁取締役副社長執行役員(55)が昇格した。

 三枝氏は昨年4月に社長に就いたばかりで、就任1年で退任することになる。親会社の東急不動産ホールディングスの取締役副社長執行役員も同日付で退任した。

 東急不動産は、弁護士や社外取締役らでつくる調査委員会を設置して調査を進めている。

引用:毎日新聞

東急不動産社長が辞任 – 週刊誌報道で社内調査

東急不動産は13日、三枝利行社長(56)が同日付で辞任したと発表した。13日の臨時取締役会で辞任を申し出た。取締役にはとどまる。三枝氏の不適切な土地取引を指摘する週刊誌報道を受けて社内調査の公正を期すためとしている。後任社長には植村仁取締役副社長執行役員(55)が昇格した。

 三枝氏は昨年4月に社長に就いたばかりで、就任1年で退任することになる。親会社の東急不動産ホールディングスの取締役副社長執行役員も同日付で退任した。

 東急不動産は、弁護士や社外取締役らでつくる調査委員会を設置して調査を進めている。

引用:共同通信(マイナビニュース)

◆ツイッターに世間の声は?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加