東京都足立区加平でコンビニ強盗、現金約16万円を奪い犯人は逃走

◆2015年5月24日の未明(午前4時過ぎのこと)◆
東京・足立区加平のコンビニエンスストアで客を装い、果物ナイフのようなものを持った男がアルバイト店員の男性(18)にナイフを突きつけ、現金を要求、現金およそ16万円を奪って逃走。

《コンビニ強盗・内容など》

客を装った男が、店員にナイフを突きつけ、
「レジの金を出せ」
などと脅した。

それを聞いたコンビニ店員は、
レジの中から現金15万7000円を取り出し、男に渡したとのこと。

男はその現金をポケットに入れ、逃走した。

店員の男性には、けがはないとのこと。

警察の調べによると、
強盗の男は年齢30代くらい、身長およそ170センチ、
事件当時、黒色の帽子を被り、顔にはマスクをし、紺色のジャンパーを着用していたという。

現在、警視庁が周辺の聞き込みなどを行い、男の行方を追い、捜査を進めている。

スポンサーリンク

現場周辺地図(東京・足立区)

東京・足立区でコンビニ強盗、約16万円奪い逃走

ツイッター

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加