千葉市職員(会計室主事)中坪佑介容疑者、道路交通法違反(飲酒運転)の疑いで逮捕、職務質問を振り切り逃走

今月19日、千葉県警館山署は道交法違反の疑いで千葉市職員の中坪佑介容疑者の男を逮捕。

逮捕容疑は18日午後9時35分ごろ、南房総市白浜町白浜の市道で乗用車を酒気帯び状態で運転した疑いがもたれている。

ウインカーを出さずに右折した車を警戒中の署員が発見したが、職務質問を振り切って逃走。
直線で約1km程、離れた民家のブロック塀に衝突し、停車しているところを署員が発見。

同署によると、男は同僚らと同市内の宿泊施設で飲酒後、車で入浴施設へ行こうとしていたようだ。
車には同じく千葉市職員の男性が同乗しており、飲酒事実を知っていたとみて捜査をしている。

千葉市の志村隆総務局長は、誠に遺憾でおわびする。
とし、事実関係を早急に調べ厳しく対処を行うと話しているとのこと。

スポンサーリンク

千葉市職員を逮捕、酒気帯び運転の疑い

酒気帯び状態で乗用車を運転したとして、千葉県警は19日、道交法違反容疑で千葉市会計室主事の中坪佑介容疑者(30)=同県船橋市前原東=を逮捕した。同容疑者は追跡したパトカーから逃走、「運転したのは間違いないが、逃走についてはよく覚えていない」と供述している。
 逮捕容疑は18日午後9時35分ごろ、酒気帯び状態で同県南房総市内を走行した疑い。
 方向指示器を出さずに右折したところをパトカーに発見され、停止を求められたが逃走。その後、民家のブロック塀に衝突したところを110番通報で駆け付けた警察官が見つけ、呼気から基準値を超えるアルコールが検出された。
 館山署によると、同容疑者は同市内の宿泊施設にグループで訪れて飲酒した後、同僚男性と2人で別の施設の風呂に行くところだったという。
 千葉市の志村隆総務局長の話 誠に遺憾でおわびする。事実関係を早急に調査し厳正に対処する。 

引用:niftyニュース(時事通信社)

酒気帯び運転の疑い 千葉市職員を逮捕

千葉市の30歳の職員が18日夜、千葉県南房総市で酒を飲んで車を運転したとして、酒気帯び運転の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、千葉市会計室の主事で、船橋市前原東の中坪佑介容疑者(30歳)です。
警察によりますと、中坪主事は18日午後9時半ごろ、南房総市白浜町で酒を飲んで車を運転したとして、酒気帯び運転の疑いが持たれています。中坪主事は、ウインカーを出さずに交差点を右折したところを警戒中のパトカーに発見され、停止を求められましたが逃走し、東におよそ800メートル離れた市道で、道路脇の住宅のブロック塀などに衝突する事故を起こしたということです。
中坪主事から酒の臭いがしたため、警察が調べたところ、基準を上回るアルコールが検出されたということで、調べに対し、「近くの宿泊施設で酒を飲んだあと、風呂に行く途中だった」と話し、容疑を認めているということです。
千葉市は「職員が逮捕され、まことに遺憾で心からおわびしたい。事実関係を調査し、厳正に対処する」とコメントしています。

引用:NHK NEWS WEB

◆ツイッターによる世間の反応◆

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加