千葉県八千代市萱田中学校校舎に落書き、非常勤講師の藤崎悠太容疑者を逮捕

県警八千代署は30日、千葉県八千代市の中学校校舎に落書きをしたとして、
器物損壊などの疑いで、八千代市島田の無職・藤崎悠太容疑者を逮捕。

八千代署によると、
藤崎悠太容疑者は3月まで同校で社会科の非常勤講師をしていたとのことだ。

藤崎悠太容疑者は、
「学校に生徒と一緒に侵入したが、(落書きは)彼らが勝手にやった」
と容疑を一部否認しているという。

逮捕容疑は3月31日夜~翌朝までの間に、
ゆりのき台の市立萱田中学校内において、スプレーなどを使い、窓ガラスなど数カ所に渡り、落書きをしたとしている。

スポンサーリンク

中学校の落書き、捕らえてみれば…元非常勤講師を容疑で逮捕

藤崎容疑者は特定の部活動に所属しない生徒を集めた「アスリート部」でスポーツを指導するなどしていた。31日に卒業生らと公園で遊ぶなどして酒を買い与えたり、「落書きは絶対にばれない」と発言したりしていたという情報もあり、同署は卒業生らの関与を捜査しながら、当時の状況を調べている。

引用:ヤフーニュース

◆ツイッターに世間の反応

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加