集団万引きの高校生に対し、韓国ソウルショッピングモール店主ら処罰を望まず

集団万引き

日本の高校のサッカー部員らが先月、集団で万引きをした事件。

被害に遭ったソウル・東大門のショッピングモールの商店主らが、処罰を望まないという意思を警察に伝えていたことが明らかになった。

ショッピングモールの商店主らは、高校生らが韓国で重い処罰を受けた際に、
東大門商圏の主な顧客である日本人観光客たちの客足が途絶える可能性があると懸念したためだという。

先月の27日、韓国の高校との親善試合のため来韓した日本の高校生(サッカー部員)らは、
東大門のショッピングモール内で、ベルトや財布など252万ウォン(日本円で約27万円)相当の商品約70点を盗んだとのこと。
そして、その後、逃走したとして立件された。

高校生らは今月初めに再び来韓し、警察の取り調べを受けて帰国したようだ。

関連記事
⇒『韓国ソウルのショッピングモール内で高校生集団万引き、自宅謹慎に疑問の声

スポンサーリンク

(朝鮮日報日本語版) 日本の高校生の集団万引き、被害者は処罰求めず

日本の高校のサッカー部員らが先月、集団で万引きをした事件で、被害に遭ったソウル・東大門のショッピングモールの商店主たちが、処罰を望まないという意思を警察に伝えていたことが分かった。商店主たちは、高校生らが韓国で重い処罰を受けた場合、東大門商圏の主な顧客である日本人観光客たちの客足が途絶える可能性があると懸念したという。

 ソウル中部警察署が13日発表したところによると、被害に遭った9店舗のうち一部の店主たちは「日本の高校生たちに寛大な措置を講じてほしい」との意向を警察に伝えたという。店主たちはその理由として「高校生たちは未熟で、彼らが処罰を受けた場合、周辺の商圏に否定的な影響を与えかねない」と述べたという。

 だが警察は、日本の高校生らに対する処罰は避けられないという意向だ。警察の関係者は「被疑者らの容疑(特殊窃盗)が明らかであり、商店主たちが寛大な措置を求めたとしても、処罰は避けられない」と話した。警察は近く、日本の高校生22人について、起訴相当との意見を付し書類送検する方針だ。

 韓国の高校との親善試合のため来韓した日本の高校生らは先月27日、東大門のショッピングモールで、ベルトや財布など252万ウォン(約27万円)相当の商品約70点を盗み、逃走したとして立件された。高校生らは今月初めに再び来韓し、警察の取り調べを受けて帰国した。

引用:朝鮮日報日本語版(ヤフーニュース)

◆世間の声や反応

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加