愛知県警守山署刑事課の男性巡査部長を証拠隠滅の疑いで書類送検し懲戒処分

愛知県警は24日、事件の証拠品や捜査書類を自宅に持ち帰って隠すなどをしたとして、守山署刑事課の男性巡査部長(39)を証拠隠滅の疑いなどで書類送検し、減給10分の1(3カ月)の懲戒処分。
巡査部長は同日付で依願退職したという。

愛知県警によると、巡査部長は2006年3月~14年3月にかけて、
当時勤務していた愛知署と一宮署で取り扱った事件の証拠品など計1213点を持ち出して自宅に隠し、
また、破棄したりしたようだ。

今回、懲戒処分された男性巡査部長は、

「処理が面倒くさく、異動を迎えて報告もできず、家に持ち帰ってしまった」

と容疑を認めている。

愛知県警では2014年、津島署の元警部補や守山署の警部補が証拠品を廃棄していたことも発覚している。

大江英生首席監察官は
「県民の信頼を損なう不祥事が相次ぎ、深くおわびする。業務管理を徹底し、再発防止に努める」
とコメントした。

警察の不祥事はどこまで続くのか・・・
責任感のなさが伺える。

また、業務管理の不行き届きがこういった事態を招いているのだろう。
今後は、こういった情けない事件を無くしていくように努めてもらいたいと切に思う。

スポンサーリンク

愛知県警:守山署の巡査部長が証拠品など自宅に持ち帰る

証拠隠滅与容疑で書類送検 江南署警部補は酒気帯び運転

24日、江南署留置管理課の男性警部補(52)を道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで書類送検し、停職6カ月の懲戒処分とした。警部補は同日付で依願退職した。

 容疑は3月12日午後3時55分ごろ、同県犬山市の市道で、酒気帯び状態で乗用車を運転し、民家の外壁や自転車に衝突したとしている。

 県警によると、警部補は同日午後、自宅で缶ビールを飲んだ後、修理に出していた車を取りに行き、運転して帰る途中だった。警部補は容疑を認め「警察官としてあってはならないことをした」と話しているという。

引用:毎日新聞

飲酒運転と捜査書類放置容疑、愛知県警が2警官懲戒処分

愛知県警は24日、飲酒運転をしたとして、江南署警務課の男性警部補(52)を停職6カ月の懲戒処分とし、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で書類送検した。また、自宅に捜査書類など計約1200点を隠し持っていたなどとして、守山署刑事課の男性巡査部長(39)を減給3カ月(10分の1)の懲戒処分とし、証拠隠滅と公用文書毀棄(きき)の疑いで書類送検した。2人は容疑を認め、同日付で依願退職した。

 監察官室によると、警部補は3月12日夕、同県犬山市内の市道で、酒を飲んだ状態で軽乗用車を運転し、民家の自転車などに衝突する物損事故を起こしたという。警部補は昨年10月から病気で休職中だった。また、巡査部長は2006~08年の愛知署地域課勤務時と11~14年の一宮署刑事課勤務時、捜査書類など計約1200点を自宅に隠し持っていた。「処理が面倒くさく、自宅に持ち帰った」と話しているという。

引用:朝日新聞デジタル

巡査部長を書類送検へ 検察に証拠品送る手続き怠慢を糊塗か 証拠隠滅容疑などで愛知県警

愛知県警守山署の30代の男性巡査部長が証拠品と捜査書類など数百点を持ち出し、自宅に隠していたことが22日、捜査関係者への取材で分かった。県警は証拠隠滅と公文書毀棄の疑いで、近く書類送検する方針。

 捜査関係者によると、巡査部長は昨年3月に守山署に異動する際、それまで勤務していた一宮署刑事課で扱った事件の証拠品数十点と書類数百点を自宅に隠した疑いが持たれている。

 巡査部長は証拠品などを検察庁へ送る手続きを怠っていたため、発覚しないよう自宅に持ち帰ったとみられる。

 県警では昨年、津島署の元警部補が平成17年ごろから23年ごろにかけ証拠品や書類を廃棄するなどしていたことや、守山署の警部補が昨年9月に山中に証拠品を捨てたことが相次いで明らかになった。

引用:産経WEST

◆ツイッターによる世間の反応

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加