仕事やアルバイト探しは志望動機が重要!辞めたい辛いがなくなる流儀!

アルバイトの選び方

初めて社会に出て働くといったときはアルバイトからだったという人も多いだろう。

早い人であれば高校生の頃にはすでにアルバイトを始めたという人もいるのではないだろうか。

しかし、いざアルバイト(仕事)を始めてみると・・・


◆「自分が思っていたような仕事と違う(思い描いている職業と実際にやってみるのは大いに違う)」

◆「時給が低い(金銭面の問題・ブラックアルバイトetc.)」

◆「後輩や先輩と上手くいかない(人間関係を築くのが難しい)」

と働くことの厳しさやお金を稼ぐということの厳しさという壁にぶち当たるということも珍しくない。

そしてすぐに辞めてしまったという人も少なからずいるだろう。

スポンサーリンク

アルバイトや仕事の選び方

そこで、微量かもしれないが、

これからアルバイトや仕事を始めてみよう!と思っている人や、
今現在アルバイトや仕事がうまくいっていないという人に少しでも力になれるかもしれないと思う。

私自身のアルバイトや仕事の選び方、探し方を紹介したい。
本当に少しでもあなたの力になれれば本望だ。

取捨選択についてはあなたにお任せする。
役に立った部分だけ切り取ってもらって構わない。

将来的にどんな仕事がしたいのかを考える

まずは自分が将来どんな仕事をしたいかを真剣に考える。

そうすることで、どんな仕事であっても将来の自分の為になる。
無駄になることがないのだ。

しかし、どんな仕事にしても、いつどこでどんな角度で役に立つか分からないのが人生だったりする。

本当に無駄な仕事なんてないと思っている。

だから私はどんなことでもチャレンジするべきだと思っている。

人それぞれの向き不向き

アルバイトの選び方1

だが、仕事と一言で言っても、業種や職種は様々だろう。

残念だが、人には向き不向きは必ずあるのが事実だ。
なんでもできるスーパースターであればいいのだが・・・

誰もがそううまくは出来ていない。
そんな人は世の中のほんの一握りの天才にほかならない。

やってみないと分からないことは本当にあるのも事実

しかし、何事もやってみないことには分からない。

意外とチャレンジしてみると、苦手と思っていたことが得意だったり、
また、その逆も起こりえるが仕事だったりする。

これは必然だと思うが就職活動の時にも役に立ったりする。
アルバイトの経験から自分の適性を考えられるということもあるのだ。

そこでまず、自分が大学もしくは高校を卒業したらどんな仕事をしたいかをよく考えてみるということだ。
そうすれば意外とあっさりとアルバイトを選ぶことができ、
意外にもアルバイトがしんどくても長続きしたりする。

『営業がやりたいという人』
『接客がしたい人』

それは人によって様々だろう。
なにごともチャレンジすることが大切であり、重要なことだろう。
経験からしか得られないものが世の中には本当にたくさんある。

ただアルバイトをしてお金を稼ぐというわけではなく、
将来の自分に結び付くものを選ぶ。
ということを一つに基準としてみてはどうだろうか?

アルバイトや仕事は自己分析が重要になる

だからといって、
ただ闇雲に何でもチャレンジするというは勇気ではなく無謀と言えるかもしれない。

だから、あなた自身の今までの人生を振り返り、自分のことをよく考える。
まずは自己分析を実行するということおすすめしたい。

現在は若年者でもハローワークの窓口で簡単な適性検査などを行ってくれる。
それにインターネット上にもたくさんの自己分析サイトも存在している。

まずはあなた自身のことを知り、
そして、色々なことに挑戦してみるということだ。
アルバイトを通じて新たな自分に出会うということだって多くある。

大げさでもなんでもなく、
アルバイトをすることで出会えた人たちによってあなたは大きく影響を受けることだってある。
そして今後の人生に左右することだってあるかもしれない。

あなたのアルバイト選びに少しでも役に立つことができただろうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加