窃盗の疑いで大橋正幸容疑者を逮捕、東京板橋区のコンビニで店員にエアガン突き付け現金6万円奪う

2015年3月、警視庁は窃盗の疑いで無職の大橋正幸容疑者を逮捕した。

容疑は東京・板橋区のコンビニエンスストアで店員にエアガンを突き付け、
レジの現金約6万円を奪ったとのこと。

現在、大橋正幸容疑者は、
「私はやっていない」
と話し、容疑を否認しているという。

同コンビニでは2014年7月にも同じ手口の強盗事件があったという。
現在、警視庁は関連も含め調査中とのことだ。

スポンサーリンク

エアガン?“拳銃”コンビニ強盗 6万円奪った疑い

男の自宅からエアガンが見つかりました。

 大橋正幸容疑者(57)は先月、東京・板橋区のコンビニ店で店員に拳銃のようなものを突き付け、約6万円を奪った疑いが持たれています。警視庁によりますと、防犯カメラの映像から大橋容疑者が浮上し、自宅からは犯行に使われたとみられるエアガンが見つかりました。大橋容疑者は「私はやっていない」と容疑を否認しています。このコンビニ店では去年7月にも同様の被害があり、警視庁が関連を調べています。

引用:テレ朝ニュース

◆ツイッターによる世間の反応

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加