米セグウェイ社を中国北京ベンチャー企業ナインボットが買収合意で海外事業を拡大

セグウェイ

Segway(セグウェイ)が中国(ベンチャー企業「ナインボット」)のライバル企業に買収された。
北京に本拠を置くNinebotは現地時間4月15日、同社がSegwayを買収したと発表した。

立ち乗り電動二輪車で知られる米「セグウェイ」を買収することで合意したと発表した。
今後は海外事業を拡大。

ナインボットはセグウェイに似た「ワン」と呼ばれる商品を販売している。
(2014年9月に米国に本拠を置くSegwayから特許侵害で訴えられたこともある)

ナインボットは2012年に設立され、セグウェイに似た商品を販売しており、
同業大手を買収する形になる。

買収額は公表していない。
※ただナインボットのGao Lufeng最高経営責任者(CEO)は、
新興スマホメーカー、小米科技(シャオミ)とベンチャーキャピタルのセコイア・キャピタル・チャイナなどがナインボットに8000万ドルを出資して買収資金調達で支援を明らかにしている。

スポンサーリンク

セグウェイ、中国のライバル企業Ninebotに買収される

Segwayが中国のライバル企業に買収された。北京に本拠を置くNinebotは現地時間4月15日、同社がSegwayを買収したと発表した。Ninebotは2012年の設立で、以前には米国に本拠を置くSegwayから特許侵害で訴えられたこともある。

 自らバランスを保つ機能を持つ電動二輪式のパーソナルトランスポーターSegwayは、2001年に発売された。

 2009年12月、Segwayは、英国の起業家Jimi Heselden氏に買収された。同氏はその9カ月後に事故死しており、その際、崖の近くをSegwayで走行していたとみられている。

 2013年、SegwayはSummit Strategic Investmentsに買収された。

 Segwayは2014年に入り、同社の特許を侵害したとして、パーソナルトランスポーターを手がける多くのメーカーや販売元を訴えたが、そのうちの1社がNinebotだった。

 今回のSegway買収は、世界第3位のスマートフォンメーカーであるXiaomi(シャオミ)やカリフォルニアに本拠を置くベンチャーキャピタルのSequoia CapitalなどからNinebotが調達した、8000万ドルという多額の資金をよりどころとしている。

引用:CNET Japan(ヤフーニュース)

米セグウェイ、シャオミ出資の中国企業が買収

立ち乗り電動二輪車メーカーとして知られる米セグウェイを、中国の同業、ナインボット(九号机器人)が買収すると15日に発表した。

金銭面の詳細は公表されていない。ただナインボットのGao Lufeng最高経営責任者(CEO)は、新興スマートフォンメーカー、小米科技(シャオミ)とベンチャーキャピタルのセコイア・キャピタル・チャイナなどがナインボットに8000万ドルを出資して買収資金調達を支援していることを明らかにした。

Gao氏によると、シャオミの雷軍CEOが個人的に所有するプライベートエクイティ・ファンドも新たな支援者の一角を占めている。

ナインボットはセグウェイに似た「ワン」と呼ばれる商品を販売しており、2014年9月にはセグウェイから特許侵害を指摘されていた。

Gao氏は15日、この論争には言及しなかったものの、両社を合わせると市場シェアで大きなリードを得られる上に、400件を超える重要な特許を保有できると説明した。両社はそれぞれのブランドで事業を展開していくという。

引用:ロイター

北京のベンチャー企業、米セグウェイ社を買収

立ち乗りの電動二輪車「セグウェイ」を発明した米セグウェイ社を、中国企業が買収することになった。中国で類似の乗り物を生産・販売するベンチャー企業「ナインボット」(本社・北京)が15日、「セグウェイを買収することで合意した」と発表した。

 ナインボット社は2012年の設立で、中国でセグウェイに似た電動二輪車を販売している。セグウェイ社の買収額は明らかにしていないが、ナインボット社は15日、中国のスマートフォン大手「小米科技(シャオミー)」などから8千万ドル(約96億円)の出資を受けたことも発表した。

 体重移動だけで簡単に操れるセグウェイは02年、「夢の乗り物」との触れ込みで発売された。中国でもセグウェイにヒントを得た乗り物を開発する企業が数社、登場しているが、巨大市場で集めた資金で「本家」をのみ込んだ格好だ。

引用:朝日新聞デジタル

セグウェイを買収 中国のベンチャー企業

中国のベンチャー企業「ナインボット」(本社・北京)は15日、立ち乗り電動二輪車で知られる米「セグウェイ」を買収することで合意したと発表した。海外事業を拡大する。

 ナインボットは2012年に設立され、セグウェイに似た商品を販売しており、同業大手を買収する形になる。買収額は公表していない。

 中国ではイベント会場の警備などで立ち乗り電動二輪車が使われることが多い。類似の商品も何種類か売られている。

引用:ニコニコニュース

◆ツイッターによる世間の反応

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加