レモンジーナ大手コンビニエンスストア向けに出荷を再開

4月30日、サントリー食品インターナショナルが、生産が追いつかないことを理由に、
出荷を休止していた炭酸飲料「レモンジーナ」について、
大手コンビニエンスストアなど向けに出荷を再開したことが明らかとなった。

生産ラインの稼働スピードを上げるなどの対策をとっていたという。

◆詳細
「レモンジーナ」は、3月31日に発売となった。
だが、インターネット上の簡易投稿サイトなどで、話題にあがり、
その注文にレモンジーナ自体の生産が追いつかなかったのだ。

そのため、4月1日から出荷を取りやめていた。

出荷を再開した今は、
早期に全国の小売店(コンビニやスーパー)に出荷先を広げたい考えだという。

しかし、現在は「安定供給の目処はたっていない」とのことだ。
店頭などレモンジーナを見かけることがあれば積極的に購入したいところだろう。

スポンサーリンク

「レモンジーナ」出荷再開=サントリー

サントリー食品インターナショナルは1日、受注が殺到し、生産が追い付かず出荷を停止していた炭酸飲料「レモンジーナ」の出荷を4月末に再開したことを明らかにした。420ミリリットル入りペットボトルを数量限定で出荷。28日ごろからコンビニエンスストアやスーパーの店頭に並んでいるという。大容量1.2リットル入りは出荷のめどが立っていない。

引用:時事通信社

◆今回のレモンジーナ再販売におけるツイッターでの反応

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加