歌舞伎町のキャバクラ店「RADIA」経営者一万田賢容疑者・肥田木盛将容疑者が17歳の少女をホステスとして雇い接客させた疑い

◆2015円6月4日・発表◆

東京・歌舞伎町のキャバクラ店「RADIA(ラディア)」の経営者・一万田賢(いちまんだ まさる)容疑者(29)・肥田木盛将容疑者の2人は、3月からの2カ月間に、17歳の少女をホステスとして雇って、接客させた疑いが持たれている。

また、「RADIA(ラディア)」では、去年(2014)の8月から、
「ぼったくりに遭った」
などという110番通報が相次いでいたという。

◆これまでの警視庁の調べなど◆

一万田賢容疑者は、
「全部、責任者に任せていたので知らない」
などと供述しており、容疑を否認しているとのこと。

また、去年(2014)の7月、
「1時間6000円」
などと言い、店に誘った(客引き)をした男性客2人に合わせて、5万円を支払わせようとしたとして、
元従業員の少年(19)を逮捕。

スポンサーリンク

現場周辺(東京・歌舞伎町のキャバクラ店RADIA(ラディア)近辺)

歌舞伎町 RADIA 17歳少女“接客”

ツイッター(ぼったくりキャバクラについて)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加