オバマ・カストロ両氏、米、キューバ首脳が握手、関係修復か、”歴史的会談と語る”

オバマ氏 カストロ氏 会談

オバマ大統領とキューバのラウル・カストロ国家評議会議長は11日、米州首脳会議が開かれているパナマ市で会談した。

2人は固い握手をし、顔をあわせ言葉を交わした。
1月に国交正常化交渉が始まって以来、2人が会うのは初めてになる。

また、米メディアによると、1961年に国交を断絶した両国の首脳会談は56年以来、59年ぶりとのことだ。
オバマ氏は、

「実に歴史的な会談だ。」

と会談後、記者団に述べた。

12日には半世紀ぶりの首脳会談が実現するようだ。

スポンサーリンク

米キューバ首脳、59年ぶり会談=オバマ大統領「新たな関係可能」

【パナマ市時事】オバマ米大統領とキューバのラウル・カストロ国家評議会議長は11日、米州首脳会議が開かれているパナマ市で会談した。米メディアによると、1961年に国交を断絶した両国の首脳会談は56年以来、59年ぶり。
 オバマ大統領は会談の冒頭、「これは明らかに歴史的な会談だ。われわれは新しいことに挑戦する時が来た」と意義を強調。「われわれはページをめくり、新たな関係をつくり出すことが可能だ」と述べた。
 これに対しカストロ議長は、オバマ大統領の姿勢に賛意を表明。あらゆる事を話し合う用意があるが、忍耐も必要だと語った。

引用:時事通信社(ヤフーニュース)

オバマ・カストロ両氏が握手、米・キューバ首脳が直接会談へ

固い握手を交わすキューバのラウル・カストロ議長とアメリカのオバマ大統領。日本時間の11日午前、米州首脳会議の開会式で2人は、顔をあわせ言葉を交しました。1月に国交正常化交渉が始まって以来、2人が会うのは初めてです。

 北米・中南米の35か国が参加する米州首脳会議には、これまでアメリカの意向により参加できなかったキューバが初めて参加しました。

 「雪解けムード」を国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長も歓迎しました。
 「長い年月を経て、カストロ議長の出席が実現しました」(国連 潘基文事務総長)

 1959年、キューバ革命で親米政権を倒して以降、キューバは革命の指導者フィデル・カストロ氏のもとで、反米路線を貫いてきました。

 「全ての銃口が我々に向けられている。しかしこれは名誉なことだ」(フィデル・カストロ首相〔当時〕 1991年)

 国交断絶から53年。去年、アメリカは国交正常化の方針を表明、兄フィデルの後を継いだラウル・カストロ議長も歓迎します。

 「キューバとアメリカは違いはあるが、洗練したやり方で共に生きる方法を身に付けていかなければならない」(ラウル・カストロ国家評議会議長 去年12月)

 アメリカにとって敵対関係の解消は、キューバ市場進出による経済効果のほか、キューバと蜜月関係にあるロシアをさらに国際社会で孤立化にさせることにも大きな効果があります。

 オバマ大統領はワシントンを出発する前、キューバが強く求めていた「テロ支援国家指定」の解除に応じる考えを示しています。また、9日には、両国の外相が国交断絶以来、初めての会談を行い、「未解決の課題について協議継続で一致」するなど、首脳会談に向けた地ならしは急速に進んでいました。

 「2国の関係は新たな段階に入った。キューバの国民の暮らしが良くなることを願っている」(アメリカ オバマ大統領)

 12日には半世紀ぶりの首脳会談が実現するとみられています。

 激しい対立を経て国交正常化の動きを進めるアメリカとキューバ。12日、首脳会談が実現すれば両国の政策転換の象徴と言える歴史的瞬間になりそうです。

 1950年代のアメリカ車が走るキューバの首都ハバナ。この光景も、大きく変わることになりそうです。

引用:TBS NEWS i

米・キューバ首脳が会談 オバマ氏「実に歴史的な会談」

オバマ米大統領とキューバのラウル・カストロ国家評議会議長が11日午後(日本時間12日未明)、両国の首脳として1961年の国交断絶以来、初めて会談した。オバマ氏は会談後に記者団に対し、「実に歴史的な会談だ。両国はいま未来に向かって進み始めている」と述べ、米キューバが国交正常化を進め、協力関係を築いていくことに意欲を示した。

 会談は、10、11両日にパナマで開かれた米州サミットの合間に、国際会議場の個室で非公式な形で実現した。その後、オバマ氏とカストロ氏は隣り合わせるようにして座り、記者団に向かい合った。

 まずはオバマ氏が、会談の歴史的な意義を強調した。国交断絶から50年以上も両国の政策はうまく機能しなかったと述べた上で、「いま新しい何かを始めるときだ」とカストロ氏に呼びかけた。両国には現在も深刻な立場の違いはあるとしながら、新たな関係構築を求めた。

引用:朝日新聞デジタル

米キューバ首脳が会談 断交後初、歴史的節目

【パナマ市共同】オバマ米大統領とキューバのカストロ国家評議会議長が11日、訪問先のパナマ市で会談した。両国首脳の会談は1961年の断交後初めて。キューバ革命を契機に、半世紀以上にわたって対立してきた米国とキューバは、関係修復に向けて歴史的な節目を迎えた。

 米メディアによると、米キューバ首脳による会談は59年ぶり。国交正常化の具体的な道筋を首脳レベルでつけられるかが焦点だ。

 パナマ市では11日、北米、中南米35カ国の米州首脳会議の全体会合が開かれ、オバマ氏はキューバと「新しい関係」の構築を目指すと宣言。カストロ氏も首脳会議への初参加が実現した喜びを語った。

引用:47ニュース

米・キューバ首脳会談 国交断絶後初

アメリカのオバマ大統領とキューバのラウル・カストロ国家評議会議長は、米州首脳会議が開かれている中米のパナマで初めての首脳会談を行いました。

アメリカのオバマ大統領とキューバのカストロ議長は、米州首脳会議が開かれている中米のパナマで、11日(日本時間12日午前5時前)、1961年に両国が国交を断絶して以来、初めてとなる首脳会談を行いました。
会談の冒頭で、オバマ大統領は「これは明らかに歴史的な会談だ。未来に向けて道を進むときが来た。両国はページをめくり、新たな関係を築くことが可能だ」と述べ、両国が進める国交正常化交渉の進展に期待を示しました。そのうえで、緊急の課題として両国の国交を回復し、お互いの首都に大使館を再開することを挙げました。これに対して、カストロ議長は両国には尊重すべき違いがあるとして、「交渉ではすべての課題を話し合うが、お互いに粘り強い交渉が必要だ」と述べました。
会談では、このあと両首脳が国交正常化交渉を巡り、国交の回復や大使館の再開に向けて意見を交わしたものとみられます。また、オバマ大統領はカストロ議長に対し、キューバに対するテロ支援国家の指定を解除するかどうかについて、すでに国務省の見直し作業が完了し、近く決断する方針についても説明したものとみられます。歴史的な首脳どうしの会談が両国の国交正常化に向けた事態の打開につながるのか、注目されます。

引用:NHK NEWS WEB

◆ツイッターによる世間の反応

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加