AKB48などの写真を無許可で複製、 著作権法違反の疑いでアイドルグッズ製造販売会社アイム社長・井口清廣容疑者ら2人逮捕

◆2105年6月4日の発表◆

人気アイドルグループのAKB48などの写真を無許可で複製したとして、
著作権法違反の疑いで、アイドルグッズ製造販売会社「アイム」の社長・井口清廣(いぐち きよひろ)容疑者(61)ら2人が警視庁に逮捕された。

「アイム」の社長・井口清廣容疑者らは、警察の取り調べに対して、
「注意されても謝れば良いと思っていた」
などと供述しており、容疑を認めている。

《逮捕容疑など》

井口清廣容疑者らは、2012年から2014年にかけて、
人気アイドルグループのAKB48などの写真14枚を無許可で複製した疑いが持たれている。

また、ほかにも、「グッズの販売で年間1億から3億円を売り上げていた」
などと供述しており、現在、警視庁が、アイムの業形態など、裏づけなど、詳しく調査を進めているという。

スポンサーリンク

AKBなどの写真を無許可複製 アイム社長ら逮捕

関連するとみられる法律など

著作者に無断でコピー・販売したり、インターネットで送信した場合などは、
「著作者の権利」や「著作隣接権」の侵害となる

法人/罰則や処罰など

最高3億円以下の罰金

個人/罰則や処罰など

最高10年以下の懲役又は、1,000万円以下の罰金、またはこれを併科
私的利用であっても違法サイトだと認識していた際にダウンロードしデジタル録音・録画を行った場合=2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金、又は併科

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加