栃木県遊園地「那須ハイランドパーク」ジェットコースター「サンダーコースター」金属製部品落下事故、 男性が頭を怪我

栃木県の遊園地(「那須ハイランドパーク」)でジェットコースター(「サンダーコースター」)から金属製の部品が落下してしまい、
下を歩いていた男性がけがをする事故が発生した。

◆事故の詳細
2015年5月2日午後3時すぎのこと、
栃木県那須町の「那須ハイランドパーク」にあるジェットコースターで、
コースから金属製の部品が落下し、家族で遊園地に来ていた男性の頭に当たり、怪我をする事故が発生した。
この男性は頭を数針(3針程度)を縫うけがを負ったが軽傷という。

警察や遊園地(那須ハイランドパーク)によると、
ジェットコースターから落下した部品は、地上14メートルのコース上に設置されていた長さ25センチ、重さ1キロのチェーンの一部ということで、落下物防止ネットに一度落下しバウンドしてから、地上に落ち、その途中で男性の頭に当たったとみられている。

ジェットコースターは現在運転を取りやめており、
警察が事故の原因・安全調査を行い、業務上過失傷害の疑いも含めて、現在、調査を進めているとのこと。

事故自体は2日にあったようだが、遊園地が警察に連絡をしたのは翌日だったという。

ゴールデンウィーク中に起きた今回の事故。
ジェットコースターの安全面は一体どうだったんだろうか・・・
しかし、幸いにも怪我をした男性の命に別状がなく良かったのではないだろうか、頭の怪我は非常に危険だ。

スポンサーリンク

ジェットコースターの部品落下で男性ケガ

栃木県那須町の遊園地で2日、ジェットコースターの金属の部品の一部が落下し、男性の頭にあたった。
2日午後3時すぎ、那須町の「那須ハイランドパーク」の「サンダーコースター」で、巻き上げるために使うチェーンの一部が落下、下を歩いていた埼玉県に住む男性(42)の頭にあたった。
落下したチェーンは幅5センチ、長さ20センチほどの大きさで、およそ14メートルの高さから一旦、地上3メートルほどに設置された防護ネットに落ち、バウンドして男性の頭にあたったという。男性は病院に運ばれ、頭部を3針縫う軽傷だったが、遊園地側が警察に通報したのは翌日だった。
当日の営業開始前に行った安全点検ではチェーンに異常はなかったということだが、警察は業務上過失傷害の疑いも含めて調べている。

引用:ライブドアニュース

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加