無許可で3千人を健康診断、愛知県あおば会クリニック鳥居明史・成瀬道彦容疑者を逮捕

診療所は2005年に開院したが、医師が亡くなったが、
その後常勤の医師がいないまま無許可で診療所を開設し、企業を巡回して健康診断を行っていた。

愛知県警は13日、愛知県幸田町にあった、あおば会クリニックの元実質的経営者と経理を担当していた2人を医療法違反の疑いで逮捕した。

経営者、鳥居明史容疑者(48)と、経理を担当していた成瀬道彦容疑者(59)の2人となる。

2014年の1~9月に少なくとも約3千人の健康診断をしていたようだ。

新しい関連記事
⇒『医療法違反の疑いで元経営者ら逮捕、無許可で3750人を健康診断、「望む客がいるので」

スポンサーリンク

無許可で診療所開設し健康診断か 2人を逮捕

常勤の医師がいないまま無許可で診療所を開設し、企業を巡回して健康診断を行っていたとして、愛知県幸田町にあったクリニックの元実質的経営者など2人が逮捕されました。

逮捕されたのは、愛知県幸田町にあった「あおば会クリニック」の実質的経営者だった鳥居明史容疑者(48)ら2人です。
警察によりますと、2人は去年9月、無許可で診療所を開設し、幸田町や隣の蒲郡市の企業を巡回して健康診断を行ったとして、医療法違反の疑いがもたれています。
このクリニックは6年前に院長が辞めて常勤の医師がいなくなり、廃止されていて、県によりますと、去年、無許可であることが分かったため、保健所が許可を受けるよう指導しましたが、従わなかったため警察に告発していたということです。
警察によりますと、このクリニックでは去年1月から9月までに、愛知県で企業のほか学校や役場などおよそ200か所で、合わせて3700人余りの健康診断を行っていたということで、警察は経営の実態について調べを進めています。
逮捕される前、鳥居容疑者はNHKの取材に対し、無許可だったことや県の指導に従わなかったことを認めたうえで、「健康診断を行うときは、医師に来てもらっていた」と話していました。

引用:NHK NEWS WEB

無許可で診療所開設し健診した疑い 元経営者ら逮捕へ

無許可で診療所を営み、企業や学校の健康診断をしていたとして、愛知県警は13日にも、同県幸田町の「あおば会クリニック」の元経営者(48)=同県蒲郡市=と、経理担当(59)=同県岡崎市=の男2人を医療法違反容疑で逮捕する方針を固めた。この診療所には医師がいなかったのに、昨年1~9月に少なくとも約3千人の健康診断をしていたという。

 県警によると、2人は県の許可を受けずに診療所を経営。昨年9月、蒲郡市内の二つの事業所で、健康診断を実施した疑いがある。

 診療所は2005年に開院したが、医師が死亡したため、09年に廃止届が保健所に出されていた。ところが、元経営者らは医師がいないのに、検診車を使って各地の企業や学校に出向き、健康診断を続けていたという。

引用:朝日新聞デジタル

無許可健診の疑いで逮捕、愛知 – 診療所の男2人

愛知県警は13日、無許可で健康診断をしていたとして医療法違反の疑いで、同県幸田町の「あおば会クリニック」を経営していた会社員鳥居明史容疑者(48)=同県蒲郡市竹谷町江畑=と、経理を担当していた会社員成瀬道彦容疑者(59)=同県岡崎市上地の=を逮捕した。

 逮捕容疑は県知事の許可を受けずに診療所を開設し、昨年9月9日と17日、蒲郡市と幸田町で健康診断をした疑い。その場に医師はいなかったという。

 同県西尾保健所によると、クリニックは2008年7月、保健所に開設を届け出たが、09年2月に廃止届を提出していた。

引用:マイナビニュース

◆ツイッターによる世間の反応

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加