三重県でタクシーを盗み逃走、職務質問をした警察官に噛み付き、仮釈放中の洪博詞容疑者を現行犯逮捕

◆2015年5月28日◆

《愛知県警は、仮釈放中に三重県内でタクシーを盗み逃走、職務質問を行った警察官に噛み付くなど、
公務執行妨害の疑いで、自称・津市高茶屋=無職・洪博詞容疑者(51)を現行犯逮捕したことを発表》

【愛知県警の調べ・発表】

28日の午後10時50分ごろに、
警察官2人がパトロール中に、盗難ナンバーを付けて走行中の乗用車を名古屋市内で発見。
その車に乗っていた洪博詞容疑者に職務質問を試みたところ、警察官の腕にかみつき逃走を図ったため、
その場で現行犯逮捕。

洪博詞容疑者に噛み付かれた警察官1人が右腕に軽いけがを負ったとのこと。

三重県警などによると、
洪博詞容疑者は窃盗と覚せい剤取締法違反の罪で服役、
今回事件当時は、仮釈放中だった。

《洪博詞容疑者の逃走までのいきさつ(経緯)など》

同月27日の午後に、
三重県津市久居明神町の国立病院(三重中央医療センター:通称・三重中央病院)付近に止まっていたタクシーを盗んで逃走。
同県警が窃盗容疑で行方を追っていた。

スポンサーリンク

公務執行妨害とは

公務員が職務を執行する際に、その行為に対して暴行又は脅迫を加えた者への罪(刑法95条1項より)
刑罰=3年以下の懲役若しくは禁錮、または50万円以下の罰金

盗難現場など(三重中央医療センター)

ツイッター

三重中央医療センター/ストリートビュー

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加