新宿歌舞伎町キャバクラLUMINE(ルミネ)小沼修一容疑者ら4人逮捕、ぼったくり請求と暴行の疑い

小沼容疑者

16日、新宿・歌舞伎町の「ぼったくりキャバクラ」問題で、キャバクラ店の従業員が、警視庁に逮捕されることとなった。

今回、逮捕されたキャバクラ店『LUMINE(ルミネ)』の店員、小沼修一容疑者ら4人は、
15日午後11時ごろ、客の男性らに対し飲食代42万円を請求、男性が携帯電話で話そうと店の外に出たところを後ろから押さえつけ、殴る蹴るの暴行を加えた疑いが持たれている。
この男性に全治2週間の怪我を負わせた。

現在、小沼容疑者らは容疑を否認しており、
店を巡って、1カ月半前に開店して以来、ぼったくりの被害相談が110件相次いでいるようだ。

警視庁は、

「今後も悪質な店舗の摘発を強化していく」

としている。

関連記事
⇒『歌舞伎町キャバクラ”grandoir(グランドール)”岡田大和ら4人逮捕、客を監禁・暴行
⇒『新宿・歌舞伎町のぼったくりキャバクラ、ALTANA店員宮里哲太・前田英行容疑者を恐喝容疑で逮捕

スポンサーリンク

ぼったくり請求のうえ暴行 キャバクラ従業員逮捕

東京・歌舞伎町で、キャバクラ店の店員4人が客の男性に法外な値段を請求したうえ、集団で暴行したとして逮捕されました。

 歌舞伎町のキャバクラ店「LUMINE」の従業員・小沼修一容疑者(36)ら4人は15日の深夜、客の男性(20)を何度も蹴るなどした疑いが持たれています。警視庁によりますと、男性は「70分4000円」と路上で誘われて知人2人と店に入り、1時間後に約42万円を請求されました。店を出ようとすると、後ろから押し倒されて暴行されたということです。小沼容疑者らは容疑を否認しています。店を巡っては、1カ月半前に開店して以来、ぼったくりの被害相談が110件相次いでいます。

引用:テレ朝ニュース

新宿・歌舞伎町“ぼったくり” キャバクラ店員4人逮捕

新宿・歌舞伎町のいわゆる「ぼったくり」問題で16日、キャバクラ店の店員が、警視庁に逮捕されました。

 「無理です、払えません」(客)
 「払えないじゃなくて・・・」(店員)
 「逃げた。客が逃げている」(記者)

 東京・新宿歌舞伎町で連日繰り広げられるキャバクラなどの飲食店店員と客のトラブル“ぼったくり”が大きな問題になっているなか、報道番組「Nスタ」が取材を続けてきたキャバクラ店の店員が警視庁に逮捕されました。

 「この店の従業員らはきのう深夜、客の男性と料金トラブルになり、後ろから押さえつけ、暴行を加えたということです」(記者)

 逮捕されたキャバクラ店『LUMINE』の店員、小沼修一容疑者(36)ら4人は15日午後11時ごろ、客の男性(20)らに対し飲食代42万円を請求し、男性が携帯電話で話そうと店の外に出たところを後ろから押さえつけ、殴る蹴るの暴行を加えた疑いが持たれています。男性は全治2週間のけがをしました。

 取り調べに対し、小沼容疑者らは「男性に手出しはしていない」などと容疑を否認しています。

 この店をめぐっては、今年2月末の開店から1か月半の間で、“ぼったくり”などに関する通報が110件相次いでいたということです。

 「“ぼったくり”だという発言がありましたが?」(記者)
 「ぼったくり?ウチがぼったくり?」(店員)
 「捕まえてください」(店員)

 「Nスタ」が取材したのは、歌舞伎町の交番前でトラブルとなっていた小沼容疑者らと同じ店に勤める別の店員です。店員が客に示した料金は驚くほど高額でした。

 「いくらと言われました?」(記者)
 「3000円です」(客)
 「50万6000円です」(店員)

 記者が、取材のなかで「料金は飲み放題で5000円しかかからない」と、客引きや別の店員らが断言した事実について問い詰めると・・

 「僕は正直言って、この場にいなかったので分かりません」(店員)

 「『この場にいなかったから分からない』。『女の子が言ったのも、聞いていないから分からない』。何を根拠に強気で(支払いを)要求をしているんですか?」(記者)

 警視庁は、「今後も悪質な店舗の摘発を強化していく」としています。

引用:TBS NEWSi

◆ツイッターによる世間の反応

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加