千葉県船橋市北消防署に無言電話を5000回、布施厚彦容疑者を逮捕、救急車の割り込みに腹が立った

無言電話5000回

救急車に割り込まれたことに腹を立て、
千葉県船橋市北消防署に連日のように、いたずら電話(無言電話)を掛けたとして52歳の会社員の男が逮捕されました。

逮捕されたのは布施厚彦容疑者だ。

布施厚彦容疑者は2月~3月の期間内において、
船橋市北消防署にほぼ毎日のように無言電話を計5000回くらい掛けたとのことで今回逮捕に至った。

警察の調べによると、
布施厚彦容疑者は、多い時には1分おきに電話を掛けていたという。

布施厚彦容疑者は、
「5000回くらい掛けた」と容疑を認めている。

さらに、
「以前、車を運転した時に救急車が割り込んできて妨害されたため」
と供述。

本当に消防の助けが必要になる人間のことを考えることができなかったのか・・・
常識的に考えれば分かることだろう・・・

本人はほんの些細なことと考えているのかもしれないが、
こういったことが大きな事件につながるということも理解が必要だろう。

また、妨害しているのは容疑者本人だということも分からないのだろうか・・・

スポンサーリンク

消防に「無言電話5000回」 救急車“割り込み”立腹

◆ツイッターによる世間の反応

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加