無資格でアートメークを施し、医師法違反の疑いで京都市西京区美容室「あどれ」経営の沼田矩代容疑者を逮捕

《2015年5月25日》
京都府警生活経済課と西京署は、医師免許なしに眉などに色素を注入する「アートメーク」を、今年(2015年4月)に2回、2人の女性(50代の女性と60代の女性)に施術。

京都市西京区山田出口町=美容室あどれ」経営の女・沼田矩代(のりよ)容疑者(67)を医師法違反無資格医業)の疑いで逮捕。

現在までの、警察・西京署の調べでは、
沼田矩代容疑者が経営するHP(ホームページ)で客を募っていることが判明。
犯行が発覚したとのこと。

警察が押収したパソコンには、
平成14年6月から約2千人にアートメークを施していたとする顧客データが発見されている。
少なくとも、3000万円以上を売り上げていたとみられている。

沼田矩代(のりよ)容疑者は、容疑を認めているという。

スポンサーリンク

無免許でアートメイク 医師法違反容疑で逮捕

京都市で美容室を経営する女が、医師の資格が無いにもかかわらず眉に色素を入れる施術、「アートメイク」をしたとして医師法違反の疑い。
 「午前8時56分です。沼田容疑者が自宅から連れられて出てきました。」
 沼田容疑者は、医師の資格がないにもかかわらず、針などを使って眉に色素を入れる「アートメイク」を、女性2人に行った。 

引用:TBS NEWS i

現場周辺(京都市西京区山田出口町)

医師法違反(無資格医業)の罰則とは

医師ではないのに医師を名乗るor紛らわしい名称を使用するなど「50万円以下の罰金」
または、無資格で医療行為をした際、「3年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金」

ツイッター

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加