東京都杉並区「協立測量」元経営者の阿部善宏、みずほ銀行元行員丸峰順市ら5人詐欺の疑いで逮捕

◆2015年6月3日の発表◆

《東京都杉並区の測量会社「協立測量」の元経営者の阿部善宏(あべ よしひろ)容疑者(55)、みずほ銀行の元行員でこの会社の役員だった男・丸峰順市(まるみね じゅんいち)容疑者(57)ら5人が詐欺の疑いで逮捕

男ら5人は、みずほ銀行に取り引き先との契約金額を大幅に水増しした書類を提出して、
事業資金の名目で4億5000万円を融資させてだまし取った疑いがもたれている。

警視庁は、この会社「協立測量」(阿部善宏容疑者ら)が10億円を超える融資を、みずほ銀行からだまし取り、借入金の返済などに流用していたとみて調べを進めている。。

《これまでの警視庁の調べなど》

元経営者の阿部善宏容疑者らは、
平成21年、取引先から道路の測量の業務を受注、その契約金額を20倍に水増ししたウソの書類をみずほ銀行の荻窪支店に提出したとのこと。

警視庁によりますと、丸峰順市容疑者は荻窪支店に勤めたあと、
この会社に再就職しており、銀行に提出する書類の偽造を指南していたという。
会社「協立測量」は2012年の今から3年前に経営破綻している。

 

スポンサーリンク

現場周辺(東京都杉並区の測量会社「協立測量」近辺)

ツイッター

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加