気象庁のHP(ホームーページ)に障害、詳細な原因調査中、復旧の目処立たず

16日午前から、気象庁のホームページに障害が発生している。

現在も天気予報や天気図など、
ほぼすべての情報が正常に表示できない状態になっている。

一般に情報を公開するためのサーバーの不具合が原因だということだ。
気象庁はホームページの復旧を急ぐとともに詳細な原因を調査中のようだ。

気象庁は、
「ご迷惑をおかけして申し訳ありません。状況が分かりしだい、改めてお知らせします」
としている。

スポンサーリンク

気象庁HPに障害 情報正しく表示できず

16日午前、気象庁のホームページに障害が発生し、現在も天気予報や天気図など、ほぼすべての情報が正常に表示できない状態になっています。一般に情報を公開するためのサーバーの不具合が原因だということで、気象庁は復旧を急ぐとともに詳しい原因を調べています。

気象庁

気象庁によりますと、16日午前10時ごろから気象庁のホームページに障害が発生し、現在も「天気予報」や「天気図」「アメダス」や「レーダー」それに「地震情報」など、ほぼすべての情報が正常に表示できない状態になっています。
気象庁によりますと、一般に情報を公開するためのサーバーと呼ばれるコンピューターに不具合が生じているということですが、詳しい原因は分かっていないということです。
気象庁が復旧作業を急いでいますが、今のところ復旧のめどは立っていないということです。
気象庁は「ご迷惑をおかけして申し訳ありません。状況が分かりしだい、改めてお知らせします」としています。

引用:NHK NEWS WEB

気象庁HPがダウン 天気予報や観測データ閲覧できず

気象庁は16日、同庁のホームページ(HP)に同日午前10時ごろから障害が発生し、閲覧できなくなったと発表した。

 気象庁は「迷惑を掛けて申し訳ない」としている。復旧を急ぐとともに、詳しい原因を調べている。

 HPには、天気予報や各地の気温などの観測データ、火山の状況など膨大な記録が掲載されている。

引用:日本経済新聞

気象庁HPがダウン

気象庁は16日、同庁の一般向けのホームページ(HP)に同日午前10時ごろから障害が発生し、閲覧できなくなったと発表した。天気予報など庁内の業務で使うシステムは正常で、気象観測などに影響は出ていない。気象庁は「迷惑を掛けて申し訳ない」とし、復旧を急いでいる。

 気象庁によると、負荷を分散するため、データは同庁のサーバーとは別の外部業者のクラウド上へコピーした上で運用している。このコピーの段階で不具合が生じているという。コピーは外部業者が担っており、詳しい原因を調べている。

 HPには、天気予報や各地の気温の観測データなどが掲載されている。

引用:デイリースポーツ

◆ツイッターによる世間の反応

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加