ジャムホームメイドの革財布の購入を迷っている!こだわりすぎて悩みすぎている!

ジャムホームメイドで財布選び

現在、私は財布の購入を迷っている。
色々とどこのブランドの財布が良いのかとインターネットを有効活用して調査中だ。

そこで現在検討しているのがジャムホームメイドの革財布(長財布or二つ折り財布)なんだ。

ジャムホームメイド(jam home made)の公式サイトを見てみる

今、私が使用している財布はルイ・ヴィトンの二つ折りの革財布になるが・・・
かれこれ期間としては10年程使っている。

めちゃくちゃ長いこと使ってると思われると思うが・・・

これには理由があり、
10年間ずっと使い続けてきたわけではない。

財布選びを虎視眈々と・・・

この現在使っているルイ・ヴィトンの二つ折りの財布だが、
さすがにボロボロだ。
よく頑張ってくれている。

ルイヴィトンの財布を休ませる

財布の二つ折りに折りたたむ角の辺りの部分の革が剥がれてきており、

そろそろ休ませてあげないといけないだろう。
働かせすぎだ・・・

そして、これを気に財布を買い換えようと動き出した次第だ。

まずは、

「二つ折りor長財布どちらにしようか?」とか、
「ブランドはどこにしようか?」とか、
「革の素材は何にしようか?」とか、

考え出すとキリがなかった。

長期間考えているのでいつものように購入する熱が下がり始める。
しかし、私の場合は熱は下がり始めるのは良いと思っている。

ここからが私の本当の財布選び

ここからが本当の財布選び

熱が入った状態では冷静にモノ選びが出来ないだろうと思っているからだ。

熱が冷め始めたことで、何気なしに財布を探してネイバーまとめや、
2chまとめを見たり、財布のサイトを見たり、
円滑に情報収集が出来るようになる。

このサイトのジャムホームメイドというブランドを説明しているページは参考になると思う。

財布の購入を考え始めると、インターネットの中では、
色々なブランドに巡りあう。

革製品のブランドであれば、ココマイスター・イルビゾンテ・土屋鞄etc.
ファッションブランド色が強いものであれば、ジャムホームメイド・ホワイトハウスコックス・etc.
高級ブランドとよばれるものになれば、ルイ・ヴィトン・プラダ・グッチetc.
どこに属するか分からないものになると、クロムハーツetc.

めちゃくちゃお金に余裕があれば、
クロムハーツの財布は使ってみたいと思っている。
芸能人でもクロムハーツの革財布を使っている人間は多いので、
沢村一樹やTKO木下etc.

本当に良いものなのかというところを自分自身で確かめたいと思っているからだ。

これでも私は某アパレルブランドで働いていたことがあるので、
それなりにブランドについては詳しい方だと思っている。

一応、プロとして接客したりしていたわけだから。
ファッションについてもかなり勉強したし、ブランドについてもかなり勉強したことがある。

ジャムホームメイドに惹かれる理由みたいなもの

そんな私が今回ジャムホームメイドの革財布で迷っている理由は、
一度使ってみたいと思っているというのが大きい。

ジャムホームメイド

ジャムホームメイドの革ブレスレッドやウォレットチェーン、指輪などは所有している。
ゆえに革財布も使ってみたいと思っているのだ。

また、私はブランドを選ぶ時に重要視する部分は、
そのブランドのデザイナーがどういった気持ちで商品制作を行っているかはかなり重要になる。

商品として大量生産しているものはあまり好まない・・・
誰が買うんだ!?」っていうデザインの方が好みである。
デザイナーのわがままであるとか利益度外視で作っている商品が好きだ。

となるとジャムホームメイドは私が好きな部類に当てはまるのか?
というと近からず遠からずという印象となる。
しかし、モノ作りをしっかり考えているという印象は伺える。

私が考えるジャムホームメイドとは

ジャムホームメイドを考える

ジャムホームメイドはコラボ商品が比較的多く、
あのディズニーともコラボしている。
ブランドとしては信用できるのであろう。と感じる。

ブランドとして信用できるということは、
そのままデザイナーへの信頼でもあると私は思っている。

ストリートブランドのグラムとのコラボ財布、ドメスティックブランドのナンバーナインとのコラボ財布・・・
ジャムホームメイドのコラボ商品を数え上げればキリがない。

ジャムホームメイドのコンセプトは、
「肌に最も近いプロダクトとしてのジュエリー」という考えのもと作成されている。
デザイナー増井元紀の考え方のだろう。

ジャムホームメイドの革財布の購入を考えてから、
増井元紀氏のインタビュー記事も拝見させて頂いた。
商品作りに対して深く考えながら、分かりやすい表現で読者へ伝えているイメージだ。
デザイナーとしてのこだわりも伺える。

分かりやすい表現の部分が商品作りにも反映されているのではないだろうかと、
ジャムホームメイドの商品を見ていると感じた。

もちろん中には「かなり攻めてるなー」と感じる商品もある。
ブランドには絶対必要不可欠な部分だと私は思っているので個人的に良い印象になっている。

まだまだ考えている段階

考えている段階

という具合に現在の私のお財布選びは現在進行中になる。
もちろん以前に購入したヴィトンの革財布についても色々と調べて購入している。

財布は長く使うものになるだろうから、
こだわって選びたいと思っている気持ちからの行動になる。

インターネットで購入してもいいが、
一度、実店舗にも足を運ぼうかとも考えている。

ジャムホームメイドの財布やそのほか商品が気になる方は、ジャムホームメイドの公式サイトで確認して頂ければと思っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加