茨城県鉾田市の海岸で150頭以上のイルカが打ち上げ!救助作業続く!地震の前兆か・・・?

イルカ 130頭

10日午前6時ごろ、茨城県鉾田市の海岸で10キロ以上の範囲にわたり、
約130頭のイルカが打ち上げられているのが見つかった。

「イルカが打ち上げられているので救助してほしい」
と近所の男性から118番があり、鹿島海上保安署がイルカを確認した。
イルカは衰弱しているとみられている。

今後、イルカがさらに増える可能性もあると、鉾田市は対策を協議しているとのこと。

スポンサーリンク

イルカ約130頭打ち上げられる 鉾田市

10日早朝、茨城県鉾田市の海岸で4キロ以上にわたって約130頭のイルカが打ち上げられているのが見つかった。打ち上げられているイルカはさらに増える可能性もあり、鉾田市は対策を協議している。

 海上保安部などによると、10日午前6時過ぎ、鉾田市の海岸でイルカが打ち上がられている通報が相次いだ。海上保安部などが調べたところ、4キロ以上にわたって約130頭のイルカが打ち上げられているのが確認できたという。この他にも目撃情報が寄せられていることから、打ち上げられているイルカはさらに増える可能性もあるという。

 イルカのほとんどは弱っていて、水族館の職員が現場に向かうとともに地元の鉾田市は対策を協議している。

引用:日テレニュース24

茨城、鉾田海岸にイルカ130頭 10キロ以上点在、衰弱

10日午前6時ごろ、茨城県鉾田市の海岸で「イルカが打ち上げられているので救助してほしい」と近所の男性から118番があった。鹿島海上保安署が130頭以上と確認した。

 同保安署によると、イルカは10キロ以上の範囲に点在しており、衰弱しているとみられる。

引用:47ニュース

◆ツイッターによるネットの声

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加