東京五輪・パラリンピック、千葉幕張メッセでの競技開催に協力、森田健作知事快諾

東京五輪

2020年に行われる東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長と千葉県の森田健作知事が14日、
東京都内で会談した。

スペースの問題が指摘されていた東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催予定だったフェンシング、レスリング、テコンドーの3競技を大型複合施設「幕張メッセ」(千葉市)などで開催することで合意。

開催場所は幕張メッセを軸に、どの競技を引き受けるか県側と組織委で調整を進めていくようだ。

また、みずほフィナンシャルグループと三井住友フィナンシャルグルーが国内最高位のスポンサー「ゴールドパートナー」の契約を締結。

スポンサーリンク

東京五輪3競技の開催要請受け千葉知事破顔「全力で」

「ありがとうございます。全力でやらせていただきます」。2020年東京五輪・パラリンピックの会場計画見直しで、大会組織委の森喜朗会長からフェンシングとテコンドー、レスリングを幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催するよう協力を要請された14日、森田健作知事は満面の笑みを浮かべて快諾した。3競技のうちいくつ開催されるかは未定だが、県は施設改修の必要性の有無などを精査し、開催に向けた準備を進める。

 森田知事はこれまで記者会見などでは「こちらから競技の県内開催を要請することはない」と表明する一方、森会長や舛添要一東京都知事と連絡を取り、情報を収集。五輪の成功に向けた県の役割を検討するプロジェクトチームを設置し、事前キャンプの県内誘致などを進めるとともに、競技の県内開催の可能性を探っていた。

 約15分間の森会長との会談後、森田知事は報道陣の取材に「千葉県民に競技を生で見せたいと思っていた。必ず千葉県が協力するときが来ると思っていた」と話した。県は今後、3つの競技団体による会場視察の受け入れなどを行う。

 幕張メッセは国際大会の開催実績がある最大9千人収容のイベントホールなど計11ホールがある。3競技はこれらのホールに仮設スタンドを設置するなどして開催することが想定されている。

 その一方で、幕張メッセは平成元年のオープンから歳月が経過し、施設は老朽化。改修が必要になることも予想されるが、森田知事は「県として恥ずかしくないように整えていくのが当たり前だ。財政面の負担は事務方同士の話し合いで詰めていきたい」と話した。

 組織委からの協力要請を受けて、3競技の県内関係者からは歓迎の声が上がった。県内屈指の強豪、県立検見川高校フェンシング部顧問の春日龍二教諭は「世界トップレベルの迫力のある試合を生で見ることができる。歓迎するし、手伝いたい」と喜んだ。

 全国大会の常連である県立京葉工業高レスリング部顧問の浅野修教諭は「興味を持つ人も多いはずだ。県内全体でレスリングが盛り上がればうれしい」。日本国際テコンドー協会公認師範の寺島亮介さん(39)は「実現すれば、競技人口の増加につながるかもしれない。とてもよろこばしい」と話した。

 また、熊谷俊人千葉市長は「大会の円滑な開催のため可能な限り協力したい。今後、県や関係機関と連携し検討していく」とコメントを発表した。

引用:産経スポーツ

ツイッターによる世間の反応は?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加