NTTドコモの加藤薫社長、”ずっと提供したい”「ガラケー」ことフィーチャーフォンの今後を話す

4月28日、「フィーチャーフォンの定義は難しいが、“お客様にとってのフィーチャーフォン”はずっと提供したい」
とそう話すのはNTTドコモの加藤薫社長だ。

続けて、加藤薫社長は、「ガラケー」ことフィーチャーフォンの今後、これからについて話す。

Linux/Symbian OSベースの従来型携帯電話(フィーチャーフォン)は、
今後、部品の調達が難しくなる見通しだという。

だから、NTTドコモでは、
今後は、Androidベースで、使い勝手がフィーチャーフォンと変わらない端末の供給を続ける予定だという。

4月下旬に、2017年以降は、日本の携帯端末メーカーでは専用OSを載せた「ガラケー」の生産をに中止にする、
そして、Android端末に統一するとの報道があり、
「今後ガラケーが販売されなくなるのでは」
とガラケー愛用者・使用者の間では衝撃になった。

確かにアンドロイド端末やアイフォンは高齢者の方などであれば、
若干使いにくい、使いづらい部分もあるのは事実だろう。

便利になる反面、使い方が難しくなっている・・・
このアンドロイドやアイフォンの使い方の面が簡単になり、
さらに月額使用料金も本当の額に見合った価格で提供できないのだろうか・・・

スポンサーリンク

「ガラケー」消える? ドコモ社長がコメント 「ずっと提供したい」が……

加藤社長は「フィーチャーフォンはずっと提供したい。ただ、今のフィーチャーフォンはOSにSymbianやLinuxを搭載しており、それに対応する部品を使っている。その供給が物理的になくなってくる時期があるように聞いており、それには対応する必要がある」と話す。

加藤薫社長
 フィーチャーフォンへのニーズはいまだに強いため、「お客様にとっての操作性やサービス性は維持しながら、折りたたみでテンキー操作の端末はずっと提供していこうと思っている」と話す。個人投資家などから「フィーチャーフォンはずっと提供してほしい」と要望を受けることが多いというが、加藤社長は「そのたびに、間違いなく提供を続けますと言っている」という。

 「iモード」は「フィーチャーフォン時代の仕組み」で、当面は維持するが、従来のフィーチャーフォンの部品がなくなれば「新しい物が作れなくなり、長い時間をかけて減っていく」見通しだ。代わりに、Androidに対応した「SPモード」への移行を進める。「SPモードもiモードと同じように検索やネット接続、メールなどができる。iモードかSPモードか、意識していただなくても問題なく使えるようにしたい」。

引用:ヤフーニュース

◆ツイッターによる世間の声

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加