田村淳怒りツイート!エコキャップ推進協会は問題あり?ワクチン寄付をしていない・・・詐欺か!?

エコキャップ推進協会

お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳が10日、
自身のツイッターでNPO法人『エコキャップ推進協会』がキャップの売却益があるにもかかわらず、
ワクチン代を寄付していなかったことに怒りを表すツイートをした。

NPO法人『エコキャップ推進協会』は、ペットボトルのキャップを全国の学校等から集め、
その売却益を発展途上国にワクチンを送る団体に寄付していた。

だが、一昨年2013年9月から団体への寄付がとまっていたとのことだ。

矢部信司理事長は記者会見で、

「ワクチンのためにキャップを集めた方への周知が足りず、反省している」

と謝罪した。
そして、不正流用はないとしている。

スポンサーリンク

田村淳、ワクチン寄付されず怒り

お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳が10日、自身のツイッターを更新。ペットボトルのキャップを集めてリサイクルしているNPO法人『エコキャップ推進協会』が、2013年9月からキャップの売却益があるにもかかわらず、ワクチン代に寄付していなかったことに怒りをあらわにしている。

田村淳“夫妻”に矢口真里が感謝「一番の支えに」

 インターネット個人制作番組『淳の休日』などで、ポリオ撲滅運動として、ペットボトルのキャップを集める活動をし、代表も務める淳は「皆さんすでに御存知の事と思いますが…この度ペットボトルのキャップリサイクルを進めるNPO法人『エコキャップ推進協会』がキャップの売却益があるにもかかわらず、ポリオワクチン代に寄付していないという事実か判明しました」と改めて報告。

 「淳の休日において、皆さんに寄付して頂いたキャップがポリオ撲滅に使われていなかったと言う事です」と続けると「しっかりとした団体だと信じていたのですがガッカリです…今回、協力して頂いた皆さんの気持ちを踏みにじる形になってしまった事、ペットボトルのキャップを集める運動の代表としてお詫びいたします 申し訳ございませんでした」と活動参加者に向け謝罪した。

 『エコキャップ推進協会』からは、何もコメントがないという淳。「どんな理由があったにせよ、ポリオ撲滅の為に募ったキャップが全く別のものに使われていた事は許される行為ではありません」と怒りをあらわにし「年に1度キャップを届ける事を年間行事として、楽しみにしてくれてた方もいます。このキャップを集めるという運動をこのまま辞めたくないので、どんな形になるかまだわかりませんが、皆さんのキャップ集めどうか続けて頂いて、然るべき場所に届ける事は続けていきたいと考えてますのでご協力下さい」と呼びかけ。

 これまで『エコキャップ推進協会』に託した約31万個のペットボトルのキャップの行方については「きちんとコメントをして頂きたいと思います」と訴えると「このまま有耶無耶(うやむや)にさせてはいけない問題だと考えます」と主張。最後は、改めて「僕を信じてキャップを託してくれた皆さん…申し訳ありませんでした」と結んでいる。

引用:オリコンスタイル

ペットボトルのキャップ、売却益を寄付せず

発展途上国の子どもにワクチンを送るなどと呼びかけて、ペットボトルのキャップのリサイクルを進めている横浜のNPO法人が、キャップの売却益があるにもかかわらずワクチン代を2013年から寄付していないことがわかり、10日、謝罪した。

 エコキャップ推進協会・矢部信司理事長「大変なご心配、疑惑、不信感を抱かせたことに対し、深くおわび申し上げます」

 この法人は横浜市にあるNPO法人「エコキャップ推進協会」。この協会は全国からペットボトルのキャップを集め、その売却益を、発展途上国の子どもへワクチンを送る団体に寄付していたが、2012年9月以降、寄付していなかったという。協会側は売却益は別の事業に使い、用途の変更について説明不足だったとしている。

 世界の子どもにワクチンを 日本委員会・伊藤光子事務局長「子どもたちや協力者は、エコキャップからワクチンが届けられると信じて行っているわけです」

 今回の問題について、「世界の子どもにワクチンを日本委員会」はこのように述べ、寄付をしていない理由や収益が何に使われているのかなどについて公表を求めていくとしている。

引用:日テレニュース24

ワクチン代に寄付せず ボトルふたリサイクル団体

世界の子どもたちにワクチンを届ける活動に寄付しようと呼び掛け、ペットボトルのキャップを集めてリサイクルしているNPO法人「エコキャップ推進協会」(横浜市)は10日、2013年9月からキャップの売却益をワクチン代に寄付せず、障害者の雇用支援に取り組む団体への寄付に充てていたと発表した。

 協会は寄付先の変更後も、キャップを集めた団体などには「ワクチン〇本分」と記載した受領書を渡していた。

 矢部信司理事長は記者会見で「ワクチンのためにキャップを集めた方への周知が足りず、反省している」と謝罪した。不正流用はないとしている。

引用:47ニュース

ワクチン代に寄付されず=「エコキャップ」売却益-協会側が釈明会見・横浜

ペットボトルのキャップをリサイクルし、利益を途上国のワクチン代として寄付する「エコキャップ運動」を展開しているNPO法人「エコキャップ推進協会」(本部横浜市)が2013年9月以降、寄付金を出していないことが10日、分かった。その後もキャップ回収を続け、替えたワクチンの本数を記載した「受領書」を発行していた。  協会は2007年設立で、08年にNPO法人となった。これまで122億個以上を集め、売却益から一定額を、途上国にポリオなどのワクチンを送っている認定NPO法人「世界の子どもにワクチンを日本委員会」(JCV、本部東京)に毎年寄付。13年の寄付金額は3500万円だった。  しかし、同年9月以降は寄付がストップ。協会の事業報告書では売却益が9000万円あったが、使途などの説明がないとして、JCVが昨年末、文書で説明を求めていた。  協会の矢部信司理事長は10日、横浜市内で記者会見し、「キャップの分別作業など障害者雇用創出の取り組みなどに金が必要で、説明が不十分だった」と陳謝。今後はワクチン支援を再開し、ホームページで詳しい使途を公表するとした。 【時事通信社】

引用:アメーバニュース

◆ツイッターによるみんなの声

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加