「自分が官邸にドローンを飛ばした」と出頭、福井県小浜市山本泰雄容疑者を威力業務妨害の疑いで逮捕

今月22日、東京・千代田区の総理大臣官邸の屋上で「ドローン」が発見された事件。

そのドローンにはプラスチック製の容器が取り付けられており、
容器の中に放射性物質が含まれていたことなどから、警視庁は何者かが計画的・意図的に官邸の上空でドローンを飛ばしたとして捜査中であった。

24日夜、警視庁は、

「自分が官邸にドローンを飛ばした」

と、福井県小浜市の警察署に出頭してきた40歳の男(山本泰雄容疑者)を、官邸に対する威力業務妨害の疑いで逮捕した。

今後、逮捕された山本泰雄容疑者の目的・動機について調べていく方針という。

関連記事
⇒2015年4月23日更新『首相(総理)官邸の屋上で発見されたドローンから放射性物質のセシウムが検出
⇒2015年4月22日更新『首相(総理)官邸の屋上に小型無人飛行機「ドローン」の落下を発見、小型カメラ・発煙筒の装備

スポンサーリンク

ドローン 出頭の男を逮捕 威力業務妨害疑い

警視庁によりますと、24日夜8時すぎ、福井県小浜市にある小浜警察署に山本容疑者が出頭し、「反原発を訴えるために官邸にドローンを飛ばした」などと話したということです。

ドローン 犯人逮捕

また、「福島の砂を容器に入れた」と話し、出頭した際も、砂やドローンのコントローラーのような物などを持ってきていたということで、警視庁が捜査を進めた結果、事件に関わった疑いが強まったとして、官邸に対する威力業務妨害の疑いで逮捕しました。
警視庁はこのあと山本容疑者を東京に移して、事件の詳しいいきさつや動機について調べを進める方針です。

引用:NHK NEWS WEB

◆ツイッターによる世間の反応

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加