ライトノベル作家橙乃ままれ3000万脱税容疑、代表作品まおゆう魔王勇者、ログ・ホライズン

まおゆう 脱税

著作権管理会社「m2ladeJAM」(マーマレードジャム、東京都葛飾区)が、法人税約3000万円を脱税したとして、東京国税局が同社と「橙乃ままれ」のペンネームで知られる小説家の梅津大輔代表(41)を法人税法違反容疑で東京地検に告発していたことが13日明らかになった。

梅津氏がインターネット上で公開したライトノベル「まおゆう魔王勇者」は大人気となった。
その後、2010年12月には書籍として出版もされた。
また、「ログ・ホライズン」もアニメ化され、2013年からNHKにて放送。

現在のところ梅津氏は記者から取材を申し込まれたが回答なしとのことだ。

スポンサーリンク

小説家「橙乃ままれ」告発=3000万円脱税容疑―東京国税局

著作権管理会社「m2ladeJAM」(マーマレードジャム、東京都葛飾区)が、法人税約3000万円を脱税したとして、東京国税局が同社と「橙乃ままれ」のペンネームで知られる小説家の梅津大輔代表(41)を法人税法違反容疑で東京地検に告発していたことが13日、分かった。
 関係者によると、梅津代表は2009年ごろからインターネット上に、ファンタジー小説「まおゆう魔王勇者」や「ログ・ホライズン」を投稿。人気が出たため書籍化やアニメ化され、m2社は出版社などから著作権使用料を受け取っていた。
 しかし、梅津代表は2014年3月期までの3年間で得た使用料約1億2000万円を全く申告せず、法人税約3000万円を脱税した疑いが持たれている。金は銀行口座にそのまま保管していたという。

引用:ヤフーニュース(時事通信)

テレビアニメ原作・人気作家を法人税法違反の疑いで告発

テレビアニメの原作も手がける人気作家が、法人税およそ3000万円を脱税したとして、東京国税局から刑事告発されたことがわかりました。

 法人税法違反の疑いで告発されたのは、作家の「橙乃ままれ」こと梅津大輔氏(41)と、自身が社長を務める運営会社「m2ladeJAM」です。

 梅津氏は、インターネットの掲示板で公表したファンタジー小説が人気を博し、書籍化やテレビアニメ化されましたが、関係者によりますと、去年までの3年間に会社で管理していた著作権料などの所得1億数千万円を一切申告せず、法人税およそ3000万円を脱税した疑いが持たれています。

引用:TBS NEWSi

作家の著作権管理会社が脱税容疑 人気ライトノベル、アニメ化も

作家「橙乃ままれ」として活動する梅津大輔氏(41)の著作権などを管理する会社「m2ladeJAM」(東京都葛飾区)が法人税約3千万円を脱税したとして、東京国税局が法人税法違反の疑いで同社と梅津氏を東京地検に告発していたことが13日、分かった。

 梅津氏がインターネット上で公開したライトノベル「まおゆう魔王勇者」は大人気となり、2010年12月に書籍として出版され、その後アニメとなった。「ログ・ホライズン」もアニメ化され、13年からNHKで放送された。

 両作品シリーズ累計の発行部数は計約170万部。

 梅津氏に取材を申し込んだが、13日までに回答はなかった。

引用:47ニュース

◆ツイッターによるみんなの反応は?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加