【兵庫・加古、車でオートバイの女性をひき逃げ】自動車運転処罰法違反と道交法違反容疑で会社員男性(28)逮捕

【2015年5月9日】
兵庫県警加古川署は、乗用車でオートバイの女性をはねて逃げたとして、自動車運転処罰法違反(過失致傷)と道交法違反(ひき逃げ)容疑で、稲美町国岡の自称会社員の男(28)を逮捕した。

加古川署によると、自称会社員・男性(28)は、調べに対して、
「段差に乗り上げたと思った」
と供述しているとのこと。

【事故発生・8日午後4時15分ごろ】

稲美町国岡の路上で、男性が乗用車を運転中、左折時に加古川市内の女性介護士(48)が、運転しているオートバイを巻き込み、女性の腕や膝に軽傷を負わせ、男性は、そのまま逃走したとしている。

加古川署によると、男性は事故後に帰宅。
その約4時間後に出頭した。

警察への出頭時に男性が、
「車に傷があり、事故を起こした相手がいるのではと思った」
など話したという。

スポンサーリンク

現場周辺

まとめ

段差との接触と人間との接触を間違うだろうか・・・
また、車に傷があったことですぐに出頭という選択をするということに疑問も。

車に傷があれば、当て逃げ被害なども考えれるはずだが。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加