末次由紀のちはやふる実写映画化決定!世間の評判と感想!キャストは・・・?

末次由紀が執筆する競技かるたを題材にした少女漫画「ちはやふる」の実写映画化されることが決定した。

「BE・LOVE」(講談社刊)で現在も連載中の原作は、シリーズ累計発行部数1200万部を突破している。

「ちはやふる」は2009年にマンガ大賞を受賞。
ほかにも、「このマンガがすごい!2010年オンナ編」で1位に輝いている。

「ちはやふる」は女性読者のみならず男性にもファンが多いことで知られている。

過去にアニメ化もされており、何気なく見たこともある人が多いのではないだろうか。

現在は実写映画化において、主なキャストの発表や詳細などは公表されていない。
今後近々発表予定とのことだ。

スポンサーリンク

競技かるた漫画「ちはやふる」実写映画化が決定!

[映画.com ニュース] 末次由紀氏が執筆する競技かるたを題材にした少女漫画「ちはやふる」が、実写映画化されることが決定した。

 「BE・LOVE」(講談社刊)で現在も連載中の原作は、既にシリーズ累計発行部数1200万部を突破。2009年にマンガ大賞を受賞したほか、「このマンガがすごい!2010年オンナ編」で1位に輝くなど、女性読者のみならず男性にもファンが多いことで知られている。

 タイトルは、小倉百人一首の撰歌「ちはやぶる 神代も聞かず 龍田川 からくれなゐに 水くくるとは」に由来している。実写映画化に先駆け、過去2度にわたりテレビアニメ化されており、監督を浅香守生、アニメーション制作をマッドハウスが務めた。

 同作の主人公は綾瀬千早。小学6年生の時に出会った転校生の綿谷新、幼なじみの真島太一とともに百人一首かるたを通じて絆を深めるが、卒業後はそれぞれ別の道を歩み始める。それから4年後、高校生になった千早は、福井県に戻った新がかるたから離れたことを知るが、再会を信じて太一と2人で瑞沢高校かるた部を創設する。

 なお、監督や主要キャストについては明らかにされていない。後日発表される予定だ。

引用:ヤフーニュース(映画.com)

◆ツイッターでのみんなの評判

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加