愛知県警一宮署、110番通報により盗難車を発見、隙をつかれ乗り逃げされ窃盗容疑で捜査中

愛知県警一宮署は23日、署員2人が路上で盗難車を発見。
しかし、隙(すき)をつかれて何者かに乗り逃げされたと発表した。
現在、一宮署は、警察管理下の車を取られたとする窃盗容疑で捜査中とのこと。

23日午後0時半ごろ、「不審な車が止まっている」との110番通報があったとのこと。
その通報により、署員2人が一宮市多加木5の路上で無人の乗用車を発見。
調べたところ、豊田市で盗まれた車であることが明らかとなった。

署員2人は鑑識担当者を呼び、到着を待っていた。
その際に、別の乗用車から男2人が近付いてきたという。

そして、
「何で俺の車を見ている」
話しかけてきたようだ。

署員2人が職務質問中に、その男2人とは、また別の男が盗難車に乗り急発進したという。
パトカーに乗って追いかけたが見失った。
また、現場に戻ると既に男2人も不在。

盗難車に乗り込んだ男は30代くらいで、その際には白っぽい上着を着ていたようだ。
一宮署はこの男3人は仲間だった可能性もあるとみて調査を進めている。

平井美博副署長は「今後、このようなことがないよう指導を徹底する」と述べた。

スポンサーリンク

◆ツイッターによる世間の反応

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加